サッカーだらだら観戦日記。
ユナイテッド、5冠に向けて猛進中!!!(ゝ∀・)/マンU&プレミアリーグ情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロイ・キーン、引退!
----- ロイ・キーン -----

現地時間12日(以下現地時間)、元アイルランド代表でセルティック(スコットランド)に所属するMFロイ・キーン(34)が、現役から引退することが明らかになった。ロイター通信が報じている。

 「チームのドクターなどに相談した結果、アドバイスを受け入れ引退する選択肢しか私にはなかった」とセルティックの公式HPで表明したキーン。でん部に持病を抱えており、このまま現役を続けるかどうか去就が注目されていた。

 キーンは、不屈の精神力と無骨なプレイスタイルが信条で、昨年まで所属していたマンチェスターU(イングランド)ではキャプテンを務め、強豪ひしめくプレミアリーグで7回優勝し、FA杯を4度獲得した。

 今年5月、キーンの功績をたたえる記念試合が行なわれたが、その際マンチェスターUのアレックス・ファーガソン監督はキーンを評してこう語った。

「なぜ、ロイ・キーンがベストプレーヤーなのかとよく聞かれる。カントナやスコールズやギグスより優れた選手なのかと。彼がそういったプレーヤーより才能に恵まれていないのは確かだ。それどころか、遠く及ばない。だけど、彼の勝利に対する執念、統率力、成功への野心。そういったもので彼はチーム一のキープレーヤーになり、偉大なキャプテンになったんだ。私のなかでは、彼こそがナンバー1だ」と最大限の賛辞を送っている。
嗚呼、漢・ロイキーンがついに引退ですよ。最後いろいろあったけど、彼に魅せられた人は多い。お疲れ様、ゆっくり休んでおくれ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かにゆっくり休んで欲しいですね。
これから彼の激しいプレーが見れないと思うと寂しくなりますね・・・。
2006/06/14 (水) 17:45:09 | URL | ライアン #mQop/nM.[ 編集]
ライアンさん

寂しい限りです。キーンは唯一無二ですね。しばらくはゆっくり休んでほしいです。
2006/06/15 (木) 01:46:06 | URL | ラテ #-[ 編集]
最後はセルティックのプレーヤーでしたが、我々ユナイテッドファンにとっては、やっぱりロイ=ユナイテッドですよね。

ホント、長い間お疲れ様でした。

欲を言えば、ユナイテッドで引退して欲しかったという気持ちもありますけど・・。

いずれ監督として戻ってきてくれる事に期待します!
2006/06/15 (木) 18:44:15 | URL | ridez_champ #-[ 編集]
 こんばんは!!
 このニュースを見たときは、
 かなり寂しい気分になりました><
 いつかキーンには、マンUで指揮をとっ て頑張ってもらいたいと思います!!
 

 ポチッと 来期も応援頑張りましょう^^
 
2006/06/15 (木) 20:36:24 | URL | ユナイテッド #-[ 編集]
ridez_champさん

まさしくロイ=ユナイテッドですね。ユナイテッドで後味の悪い退団は残念でしたが、みんなロイの気持ちを分かってますよね。

きっとまた帰ってきてくれるでしょう!静かに期待です。
2006/06/15 (木) 22:54:28 | URL | ラテ #-[ 編集]
ユナイテッドさん

こんばんは!

ついにきてしまったという感じですね。もう見れないのかぁと思うととても残念です。

だけどいつかきっとまたユナイテッドに帰ってきてくれるでしょう。そう思うと楽しみがひとつ増えたかも!?^^

来季もガンガン応援しましょー!!
(ゝ∀・)/
2006/06/15 (木) 23:01:13 | URL | ラテ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
現役生活、本当にお疲れ様でした! WC期間中に発表された記事です。 非常に残念な話しですね・・・。 怪我の具合が思わしくなく、今シーズンで引退を決意したようです輦 マンUでは闘将としてチームを引っ張ってくれた、まさに「兄貴!」と呼ぶに相応しい選手
2006/06/14(水) 18:20:19 | マンチェスターユナイテッドを応援しよう!
copyright © 2005 サッカーだらだら観戦日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。