サッカーだらだら観戦日記。
ユナイテッド、5冠に向けて猛進中!!!(ゝ∀・)/マンU&プレミアリーグ情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リバプールとマンU、ミケル・アルテタに興味。+マンUニュース。
----- ミケル・アルテタ -----

リバプールのシャビ・アロンソ、ルイス・ガルシア、モリエンテスだけがリバプールの町で輝いているスペイン人選手ではない。同じ町のライバル、エバートンのMFミケル・アルテタが第38節のプレミアリーグ最優秀選手に選ばれた。

そのアルテタに移籍のうわさがたっている。リバプールが1200万ユーロ(約16億8000万円)でオファーを出した後、エバートンは移籍交渉で一歩も譲らない。エバートン・サポーターは戦争のような状態に突入しており、うわさ通りの移籍をした場合は‘裏切り者’のレッテルを貼るだろう。

アルテタにはマンチェスター・ユナイテッドも興味を示している。アレックス・ファーガソン監督はアルテタのプレースタイルを好み、ロイ・キーン(現セルティック)の後継者にしようとしている。マスチェラーノ(コリンチャンス)、ディアラ(リヨン)も、ファーガソン監督の獲得候補にあがっている。
マージーサイドレッドに行くと大変なことに。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ファン・ニステルローイ -----

マンチェスター・ユナイテッドのFWルート・ファン・ニステルローイがプレミアリーグ最終節のチャールトン戦をボイコットした。そもそも、ファン・ニステルローイはカーリング・カップの決勝戦で先発を外れてからエースストライカーとしての立場が微妙になっており、この日もスタメン出場が疑問視されていた。

 さらに、1日のミドルスブラ戦でPKを外したファン・ニステルローイに対し、アレックス・ファーガソン監督は批判的な態度をみせていたという。

 そして、実際チャールトン戦に先発したのは、ルイス・サハとイタリア人若手FWジュゼッペ・ロッシだった。

 マンUは次のように声明を発表している。

「ファン・ニステルローイは家に帰ってしまった。これ以上、彼についてコメントすることはできない。我々は今日の試合に集中しなければならない」
退団は決定的に。はにゅー。もうどうにもならんもんなのか。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ウェイン・ルーニー -----

右足中足骨を骨折したイングランド代表FWウェイン・ルーニー(20)が「巨大洗濯機」に入り回復を目指す。酸素テントを導入したが、それが4トントラックで運ぶほど大掛かりなものだった。

値段も1台5万5000ポンド(約1160万円)と高額で、所属のマンチェスターUは1日180ポンド(約3万8000円)でレンタルしている。ルーニーは1回40分の治療を1日2回行っているが、治療の間には6時間の休憩が必要だという。

アスリートって回復力が早いんだよね。期待。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 サッカーだらだら観戦日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。