サッカーだらだら観戦日記。
ユナイテッド、5冠に向けて猛進中!!!(ゝ∀・)/マンU&プレミアリーグ情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファーガソン、エース復活で黄金時代再現に自信。
----- アレックス・ファーガソン監督 -----

マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、6試合ぶりのスタメン出場となったウエストハム戦(29日)で決勝点を叩き出したFWルート・ファン・ニステルローイの復活に目を細くした。

「ルートは数週間スタメン出場がなく試合に飢えていた。そして期待通り、貴重なゴールを決めてくれたよ。これで土曜日のボルトン戦に誰を起用するか悩むことになりそうだ。まぁ、それが私の仕事なんだがね」

 さらにファーガソンは、ファン・ニステルローイ、ルーニー、サハ、ロッシのFW4人がスタメンの座を争うチーム状況を、クラブの黄金時代に重ね合わせているようだ。アンディ・コール、ドワイト・ヨーク、テディ・シェリンガム、オレ・グンナー・スールシャールの4人を擁して、プレミア、FAカップ、チャンピオンズ・リーグの3冠を獲得した98‐99シーズンだ。

「我々が絶頂期を迎えていた頃は、4人のFWがスタメンを争っていた。それこそ我々が3冠を達成できた大きな要因だったと言える。当時のようにストライカー4人を競わせて、うまくローテーションで使えれば、素晴らしいチームになるはずだ」

 ファン・ニステルローイの復活弾で首位チェルシーとの勝ち点差を9にまで縮めたマンU。“エース冷遇”の荒治療で黄金時代再現の足がかりを得た老将ファーガソンの目には、王者チェルシーの背中が見えているはずだ。
来るか、絶頂期!?いや、来てくれー!!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


サッカーのイングランド・プレミアシップ、マンチェスター・ユナイテッドは30日、来季に向けた準備の一環として、7月に南アフリカ遠征を行うと発表した。
ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の後半の試合に出場する選手を除く、22人の選手が参加する。
 7月13日から22日の間に3試合行う予定だが、試合会場と対戦相手はまだ発表されていない。
 マンUが南アフリカを訪れるのは93年以来。

日本にも必ず来ておくれ。待っとります~。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 サッカーだらだら観戦日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。