サッカーだらだら観戦日記。
ユナイテッド、5冠に向けて猛進中!!!(ゝ∀・)/マンU&プレミアリーグ情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同国対決はイングランドが勝利。
----- W杯予選 -----

現地時間3日、各地で2006年W杯予選が行なわれ、欧州予選グループ6のウェールズ対イングランドの英国対決は、イングランドが1対0と白星を飾った。 54分、ベッカムのロングフィードに反応したS・ライト・フィリップスのラストパスをJ・コールがシュート。ボールはDFに当たって、そのままゴールに吸い込まれた。


ホームとはいえ、ベラミーなどのFW陣を欠き、実力的にも劣るウェールズは守りに入りカウンター狙い。イングランドオーウェン、テリー、キャンベルなどを欠き、ルーニー1トップの4-5-1。ベッカムが中盤の底という新しいスタイルをテスト。

内容はほぼハーフコートゲーム。ただ、前半攻めるも得点をあげられないイングランドにやきもき。ウェールズハートソンのヘディングシュートは危なかった。ロビンソン、ナイスセーブ。

後半、ジョーコールのゴールはラッキーだったが、あのシチュエーションを何回も作っているんだから半分くらいが実力ということで。
ベッカムのロングフィードは見てて気持ちよかった。やっぱこの人すごいわ。アウトサイドにかけたセンタリングは絶妙だった。ジョーコールはシュートをはずしたけど・・・。

新システムはウェールズ相手にはかなり機能した!?けど、強豪チームだとどうだろうか。見てみたい気もする。ただ1点しか取れなかったのはやっぱり課題だわなぁ。そういう戦い方なのかもしれんが、1点差は見ててヒヤヒヤですよ。

ちなみにウェールズはギグスの孤軍奮闘。後半なんか特に他の選手のモチベーションが引くそうだった。ギグスかわいそう。

というわけで次はオーウェンに期待。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 サッカーだらだら観戦日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。