サッカーだらだら観戦日記。
ユナイテッド、5冠に向けて猛進中!!!(ゝ∀・)/マンU&プレミアリーグ情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニステルがバイエルン移籍に合意―独メディア
----- ファン・ニステルローイ -----

イングランドプレミアリーグ・マンチェスターUのオランダ代表FWファンニステルローイがブンデスリーガ・バイエルン移籍に合意したと20日付のビルト、キッカーら独メディアが一斉に報じた。

一度はスペインリーグ・Rマドリード移籍に合意と報じられたが破談。バイエルンのルンメニゲ会長は「彼はウチにきたがっている」と発表が秒読みであることを示唆。1300万ユーロ(約19億1400万円)の移籍金に加え、選手供出の可能性もあるという。

金額だけで言うとマドリーの方が上じゃない?まだ分からないけどこの2チームのどちらかでしょうなぁ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
スポンサーサイト
ユーベ大放出。カカは断る。
----- ユベントス -----

レアル・マドリードは19日、不正問題でセリエB降格などの処分を受けたユベントスから、イタリア代表主将のDFファビオ・カンナバロ(32)とブラジル代表MFエメルソン(30)を獲得することで合意したと発表した。近日中に入団会見を行う。

 ユベントス崩壊の第1弾はカンナバロとエメルソンの放出だった。放出先は昨季ユベントスを率いたカペッロ氏を新監督に招へいしたレアル。地元メディアは移籍金は2人で計2000万ユーロ(約29億円)と報じた。

 主力放出はこれだけでは終わらない。テュラムとザンブロッタを狙うバルセロナのベギリスタイン・スポーツディレクターは「交渉は順調。月曜(24日)までにはまとまると思う」と獲得に自信満々。ユベントスはスペイン2強の“草刈り場”となりそうだ。
マドリーにとってはかなりお得な補強。スペインの2強にごっそりもっていかれつつあるね。ビエイラはユナイテッドに来るのか!?気になるよ~。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- カカ -----

ACミランが、ブラジル代表MFカカ(24)に対する史上最高額の移籍金オファーを断った。英国各紙によると、チェルシーが7000万ポンド(約152億6000万円)という破格の移籍金を提示。ジダンの史上最高額(約81億円)の倍近い額だったが、ミランは首を縦に振らなかった。

「カカ、ネスタ、ピルロ、ガットゥーゾは、スペインにもイングランドにも、他のリーグにも売らない。カカには打診があったが断った」と、公式サイト上で態度を表明した。

チェルシー、パワープレイにもほどがあるよ。でも金じゃないのさ~。でもチェルシーの資金はほんとすごいね。怖いゎ。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ベルナルド・コッラーディ -----

バレンシアはFWベルナルド・コッラーディのマンチェスター・シティ(以下マンC)への移籍を発表。バレンシアのスポーツ・ディレクターであるアメデオ・カルボーニ氏とマンCとの間で合意に達した。コッラーディは2004-05にバレンシアに加入し、パルマにレンタルされていた。移籍金は150万ユーロ(約2億1750万円)になる。


サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ジダン、暴行に対する処分を受ける。
----- ジズー -----

 9日のワールドカップ(W杯)決勝での頭突き事件に関し、チューリヒにあるFIFA(国際サッカー連盟)の規律委員会において、20日に事情聴取を受けたジネディーヌ・ジダンは、結局3試合の出場停止と7500スイスフラン(約70万円)の罰金を科されることになった。すでに引退しているジダンには、さほど厳しい処分ではないだろう。一方マルコ・マテラッツィは、2試合の出場停止を科され、9月6日にスタッド・ド・フランスで行われるユーロ2008(欧州選手権)予選のフランス対イタリア戦には出場できなくなった。

 FIFAの決定は早かった。ジダンの聴取から3時間後、国際試合担当の規律委員会は頭突き事件に関する処分を発表。予想通り、ジダンには3試合の出場停止と7500スイスフランの罰金、マテラッツィには2試合の出場停止と5000スイスフラン(約50万円)の罰金という内容だった。

 この発表で、9日のW杯決勝戦以来、メディアを賑わせてきた騒動に終止符が打たれる。マテラッツィは14日に、ジダンは20日にそれぞれ聴取を受けており、両者の言い分は(暴言の内容を除いて)完全に一致していたということになる。

 結局、マテラッツィが人種差別発言をしたかどうかについては明らかにされていないが、同選手が挑発行為を認めたことは確かだ。FIFAの発表でも「再三の挑発」と表現されていた。この処分が発表されたことで、サッカー選手全般のピッチでの言動に変化が見られるようになるだろう。

これまでは、言い争いから暴力行為に出た選手は、警告や退場処分を受けていたが、暴力を受けた「挑発者」には何のペナルティーも課せられなかったからだ。今回の件は、選手の考え方がよい方向に向いていくという希望を抱かせるものである。

MVP剥奪もナシでフランス協会は満足げ。

今回の騒動でキレた人が一方的に負けって構図がなくなった。キレやすい人が増えるかも!?長州小力のようにドンと構えないとね。^^;フェアに行こうぜ~。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
copyright © 2005 サッカーだらだら観戦日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。