サッカーだらだら観戦日記。
ユナイテッド、5冠に向けて猛進中!!!(ゝ∀・)/マンU&プレミアリーグ情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドログバがミラン移籍へ。シェフチェンコは!?
----- ディディエ・ドログバ -----

チェルシーのコートジボワール代表FWディディエ・ドログバが、ミランへ移籍することになりそうだ。ドログバの代理人ピエール・フレロ氏は、この件について「ミランはアンドリー・シェフチェンコとのトレードに強い興味を示している」と語っている。

そして、
チェルシーは、ミランのFWアンドリー・シェフチェンコの獲得を木曜に発表できるかもしれない。ほかの選手とのトレードは行わず、5000万ユーロ(約72億円)を支払うことでミランと合意に達したようだ。正式な発表は、まだ行われていないが、シェフチェンコは、火曜か遅くとも水曜には移籍のためのメディカルチェックを受ける見通しだ。

 正式な移籍の届出が行われるのは7月になるようで、そのためシェフチェンコがワールドカップで負傷した場合の特約が契約条項として含まれている。

 シェフチェンコが重傷を負った場合、チェルシーがミランに支払う金額は1000万ユーロ(約14億4000万円)に下がるが、ミランはその分、保険金を受け取ることになる。

大型トレードも間近なのか…!?シェフチェンコはミランが似合うと思うけどね。そしてニステルのミラン行きはナシ?

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
スポンサーサイト
C.ロナウド、バルサやレアル・マドリー移籍を夢見る。のは勘弁。
----- C・ロナウド -----

 ポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドは、バルセロナ、あるいはレアル・マドリーへ移るためマンチェスター・ユナイテッドを出ようとしている。クラブと2010年までの新たな契約にサインしたものの、それも十分だとは言えないかもしれない。

『サンデー・ミラー・スポーツ』の報道によれば、ロナウドはスペインの2強のいずれかでプレーする夢を叶えたいと考えているようだ。

 彼にとってワールドカップは、活躍を見せつける最高の機会となる。スポルティング・リスボンから1200万ポンド(約25億円)でマンチェスターにやって来たロナウドだが、代理人のジョルジュ・メンデスは、彼が最終的にはリーガ・エスパニョーラでのプレーを希望している事を隠していない。

 ロナウドは現在21歳。オールド・トラフォードでは困難な状況にあり、ルート・ファン・ニステルローイと衝突することもあった。ニステルローイは、マンチェスターを出る可能性がある。

いつかは出ていきそうなロナウド。ものすごくフィットしているとはいいがたい。結果が出てないだけ?


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- フアン・ロマン・リケルメ -----

ここ数週間、ビジャレアルではFWディエゴ・フォルランの去就がメディアの注目を浴びていた。今ではMFフアン・ロマン・リケルメも同様である。マンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)は、公式サイト内の‘移籍のうわさ’というコーナーで、リケルメの獲得を再び狙うと表明した。

これによると、マンUのアレックス・ファーガソン監督はリケルメを賞賛し、獲得を希望しているとのこと。さらに、リケルメは来月9日から始まるW杯に集中しており、ビジャレアルとW杯前に具体的に交渉するのは不可能だという。

ワールドカップ出場選手に今移籍話をもちかけるのはナンセンスかもねぇ。ビジャレアルは選手取られまくり。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)

キューウェル合流「日本戦出る」
----- ハリー・キューウェル -----

オーストラリア代表の主力MFで左太もも付け根を治療中のハリー・キューウェル(27)=リバプール=が、日本戦出場を目標に掲げた。

 12日のイングランド協会杯決勝、対ウエストハム戦で古傷を痛めたキューウェルは27日、オランダ・ミールロでの同代表第2次合宿でチームに初合流。28日午後から始まった合宿初日の練習には参加せず、ホテルでマッサージとバイクトレーニングをこなした。

 同広報は6月4日のオランダとの親善試合(ロッテルダム)に向け「2~3日様子を見て出場させるかどうか決める」と出場の可能性を示唆。ヒディンク監督は先週の会見で「親善試合でプレーできない状態なら、日本戦では起用しないかもしれない」と話していただけに、大きな前進だ。

怪我に泣かされ続けてるキューウェル。日本戦、出なくていいですよ…。そして本名はハロルド・キューウェル!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ウェイン・ルーニー -----

 右足の第4中足骨を骨折したイングランド代表FWウェイン・ルーニー(20=マンチェスターU)のW杯1次リーグ出場が絶望的になった。25日のMRI(磁気共鳴画像装置)検査の結果が26日、明らかになった。

4月の骨折直後の所見通り全治6週間で、あと2週間で全体練習に復帰できる。ただ実戦ができる状態に戻るにはさらに1週間程度かかるとみられ、6月20のスウェーデンとの1次リーグ最終戦出場は厳しくなった。ルーニーは6月14日、マンチェスターで再検査を受ける。

そろそろ期待しすぎなんじゃないのかなと思い始める今日この頃。出たらなんかやってくれそうだけどさ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ランパードが世界最高年俸。
----- フランク・ランパード -----

チェルシーMFランパードが世界最高の年俸を受け取ると20日付の英紙ニューズ・オブ・ザ・ワールドが報じた。

現在交渉中だが、クラブ側は新加入したバラックを1万ポンド上回る週給14万ポンド(約2960万円)を提示しそうだ。契約は2年残るが、流出を防ぐために先手を打つ格好だ。カットナー代理人は「フロントと話した。W杯後にも話し合いを再開する」と話した。

ランパードが移籍すると戦力よりチームにまとまりがなくなりそうよね。ジェラードみたいなもんです。是が非でも食い止めないとね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ディルク・カイト -----

 ニューカッスルがフェイエノールトのオランダ代表FWディルク・カイト獲得に本腰を入れはじめた。アラン・シアラーの引退でフォワード陣の補強が必要なニューカッスルは、マイケル・オーウェンのパートナー役としてカイトを獲得候補にリストアップ。

さらに、カイト本人が「僕のスタイルはプレミアにフィットすると思う。ニューカッスルのようなクラブでプレーできたら夢のようだ」と発言したことでニューカッスル側の動きは本格化しており、グレン・ローダー監督も自らドイツワールドカップでカイトの視察を行なうと話している。

本人が乗り気なのが魅力的。オーウェンとのツートップは強力!?


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- フェルナンド・モリエンテス -----

リバプール所属のフェルナンド・モリエンテスがバレンシアの来季の補強候補にリストアップされた。来季に向けてフォワードの強化を行いたいと考えるバレンシアは、キケ・サンチェス・フローレス監督、そして先日スポーツディレクターに就任したばかりのアメデオ・カルボーニの強い要請で、モリエンテス獲得に動くものと思われる。一方のモリエンテスもラファ・ベニテス監督の下、コンスタントな出場機会はなく、それを求めて移籍に応じる構えもある。

補強リストに入れたが獲得が難しいモリエンテス。30歳なんだねぇ。ただ、クラウチにスタメンを奪われ中だしなぁ。シセがいなくなるとはいえ、リバプールでは活躍の場は少ないかも。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- グジョンセン -----

あくまでもラーションに代わるFW獲得候補は、ビジャレアルのフォルランではあるが、バルサの幹部は、フォルラン獲得交渉が難航した時のための準備を進めている。ライカールト監督が、提示した候補リストに、チェルシーのアイスランド人FWグジョンセン(27)の名前が浮上した。

ユーティリティなこの選手はもっと評価されていい選手だと思うんだけどね。現状はいいように使われている気がするんだよなぁ。ユナイテッドいかが?(笑


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- パスカル・シンボンダ -----

 イングランドの『インディペンデント』紙は、ワールドカップに臨むフランス代表に初選出されたウィガンのDFパスカル・シンボンダに、トッテナムから700万ユーロ(約10億円)のオファーが提示されたと報じている。ウィガンは、このオファーについて検討を重ねているようだ。

 シンボンダは、プレミアリーグで今シーズンのベストイレブンに選出されている。

今季ウィガンを支えたシンボンダ。でもでていっちゃうんだろうなぁ。来季もがんばれウィガン!(まだ早い?

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
フィリップ・ネビルが代替招集。
----- フィリップ・ネビル -----

イングランド・サッカー協会は22日(日本時間23日)、、練習中に負傷した同国代表候補MFナイジェル・レオ=コーカー(21)=ウエストハム=に代わり予備メンバーとしてMFフィリップ・ネビル(29)=エバートン=を招集したことを発表した。
弟復活!寸前!?

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ワトフォードが昇格。
----- ワトフォード -----

サッカーのイングランド・プレミアシップ昇格を決めるプレーオフが21日、カーディフのミレニアムスタジアムで行われ、2部3位のワトフォードが3―0で同5位のリーズを下し、来季からの昇格を決めた。
 このほか、2部優勝を飾ったレディングと2位のシェフィールドが昇格する。

ウィガンが今季前半すごかっただけに注目してしまいそう。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ロシツキー、アーセナルへの移籍決定か。
----- トマシュ・ロシツキー -----

ボルシア・ドルトムントでプレーするチェコ代表MFトマシュ・ロシツキーは、うわさされていたスペインではなく、イングランドでプレーすることになりそうだ。

 チェコの日刊紙『ムラダ』は22日付けの朝刊で、ロシツキーがロンドンに飛び、アーセナルのメディカルチェックを受けたことをドルトムントの会長ハンス=ヨアヒム・ベツケが認めたと報道している。同紙はまた、チェコ代表監督カール・ブルックナーの「突然の話で驚いた」というコメントも掲載している。

アトレティコの交渉はなくなったとのこと。ロシツキーいいなぁ。来季のアーセナルはおもしろくなりそうだ~。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
キャンベル、フェネルバフチェ移籍?
----- ソル・キャンベル -----

サッカーのイングランド・プレミアシップ、アーセナルに所属するイングランド代表DFソル・キャンベル(31)が22日、トルコ・リーグのフェネルバフチェに移籍する構えであると報じられた。

 デーリー・ミラーとデーリー・スターの両紙によれば、フェネルバフチェはキャンベルに800万ポンド(約16億8000万円)の3年契約のオファーを出しており、先週既にキャンベルの代理人と会ったもようだという。

失踪事件があったなぁ。衰えは仕方ないけどセンデロスにはまだまだ負けないよね。トップチームでは苦しいのかなぁ。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ティエリ・アンリ -----

先日残留を発表したFWティエリ・アンリと4年間の契約延長に合意したアーセナルだが、同クラブのデイビッド・デイン副会長は、アンリに対する国外クラブからの高額オファーを断っていた事実を明らかにした。そのオファーとは、50万ポンド(約100億円)の超破格オファーであったと言うのだ。

夢の中でもそんなオファーくれる人はいないよ。(泣

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
骨折ルーニー初戦OK?
----- ウェイン・ルーニー -----

右足骨折でW杯出場が危ぶまれている代表FWウェイン・ルーニー(20)が初戦のパラグアイ戦に間に合う、と19日付の英紙サンが大きく報じた。ポルトガルで合宿中の代表選手たちも「ニュース」を喜んでいる。ただし「なぜ間に合うのか」という部分が触れられておらず、他メディアの反応もなし。情報の真偽は定かではない。

ガセビアということで。いや、ガセでは困る。ガセにじゃないほうに三千点。(ふるっ)

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ドログバ、イングランドに見切り?
----- ディディエ・ドログバ -----

「プレッシャーや、イングランドではびこっている僕を傷つけるスキャンダルから逃れて、どこかほかのところへ行ってしまいたい」

 こうした憂うつそうなコメントを残したのは、チェルシーのFWディディエ・ドログバ。自分がイングランドでは不人気だと思っているドログバは、イギリスの『ザ・サン』紙にて、チェルシーからの退団を真剣に考えていると明らかにした。

 ドログバはまた、新たな活躍の場をイタリアに移したい、とも述べている。何はともあれ、移籍するなら「毎回チャンピオンズリーグで優勝を争える」チームがいい、とのことだ。

得点王を狙いたい人にはむいてないよねぇ、チェルシーは。結局注目が集まるのはランパードだけのような気が。選手の入れ替わりが激しくて他の選手達の印象が薄いような…。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
アンリ残留、ピレスは移籍。
----- ティエリ・アンリ -----

現地時間19日、その去就が注目されていたフランス代表FWティエリ・アンリ(28)がアーセナル(イングランド)残留を決め、契約を4年延長したことを発表した。ロイター通信が報じた。

 チャンピオンズリーグ(以下CL)決勝から2日後、アンリがついに心を決めた。記者会見に臨み「僕はアーセナルの一部なんだ。だから決断した」と語り、7年在籍しているチームに留まる意向を明らかにした。
やはりCLの影響は大きかったんだろうねぇ。グループリーグ敗退とかしてたら即移籍だったろうし。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ロベール・ピレス -----

アーセナルMFピレスのビジャレアルへの移籍が17日、決定的となった。ビジャレアルのロイグ会長が「ピレスはアーセナルとの契約が切れる。欧州CL決勝戦の後、ビジャレアルへ話し合いに来るだろう」と話した。

この日はGKレーマンの退場劇で、前半18分にGKアルムニアと交代し、不完全燃焼のままピッチで敗戦を見守った。
こちらは移籍。前々から噂はあったけどね。独特のドリブルが見れなくなるのは残念。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ディミタール・ベルバトフ -----

イングランドのトッテナム・ホットスパーは、ドイツのバイヤー・レバークーゼンからブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフを獲得した。ベルバトフは4年間で1600万ユーロ(約22億7000万円)を受け取ることになる。

「実は、マンチェスター・ユナイテッドからもオファーがあった。だけど、そちらは断ったんだ」とベルバトフ。またトッテナムを選んだことについては、「トッテナムとマンチェスター・ユナイテッドが対戦した試合を見て、スパーズ(トッテナムの愛称)を選んだ」とのことだ。
何をこしゃくな。(笑 スパーズ戦の時に後悔させてやるぜ。と強がってみる。^^;


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ウィリアム・ギャラス -----

チェルシーの29歳のDFウィリアム・ギャラスはミラネッロでメディカルチェックを済ませたと見られている。以前からミランへの移籍希望を明言していた彼を、チェルシーは放出することに決めたようだ。まだ正式な契約は行われていないものの、ギャラスは月曜日にミラネッロでメディカルチェックを受けた。

 ギャラス本人の希望を考えると、チェルシーにとっても今のうちに移籍を成立させるのが得策だろう。来シーズン終了後には移籍金ゼロでほかのクラブに移れるようになってしまう。
以前からポジションに不満があったギャラス。ミランに行ってセンターでやれるのかな? 

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
インテルがファン・ニステルローイに興味。
----- ファン・ニステルローイ -----

イングランドの『ミラー』紙が報じたところによると、インテルがマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイに興味を示しているようだ。

 アレックス・ファーガソン監督との仲がうまくいっていないファン・ニステルローイには、ヨーロッパの多くのクラブから注目が集まっている。インテルはまた、彼の獲得に1500万ユーロ(約21億3000万円)を支払うつもりであるとも言われている。

どこにいくんだろうねぇ。注目ですなぁ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
日本代表23人決定!
----- 日本代表 -----

日本サッカー協会は15日、東京都内のホテルでワールドカップ(W杯)ドイツ大会の日本代表23人を発表し、中田英寿(ボルトン)小野伸二(浦和)の両MFと川口能活(磐田)楢崎正剛(名古屋)の両GKが3大会連続で選出された。W杯は6月9日に開幕する。

実績重視を明言していたジーコ監督の方針通り、16強入りした前回の日韓共催大会は落選したMF中村俊輔(セルティック)も順当に代表入り。しかし、FW久保竜彦(横浜M)は予想外の落選となり、高原直泰(ハンブルガーSV)らに加えて玉田圭司(名古屋)と巻誠一郎(千葉)が滑り込んだ。

1998年フランス大会から3大会連続3度目のW杯出場となる日本は1次リーグF組でオーストラリア、クロアチア、ブラジルと対戦。前回に続く1次リーグ突破を目指す。

W杯日本代表は次の通り。

▽GK 土肥洋一(FC東京)川口能活(磐田)楢崎正剛(名古屋)

▽DF 田中誠(磐田)宮本恒靖、加地亮(以上G大阪)三都主アレサンドロ、坪井慶介(以上浦和)中沢佑二(横浜M)中田浩二(バーゼル)駒野友一(広島)

▽MF 福西崇史(磐田)中田英寿(ボルトン)中村俊輔(セルティック)小笠原満男(鹿島)稲本潤一(ウェストブロミッジ)小野伸二(浦和)遠藤保仁(G大阪)

▽FW 柳沢敦(鹿島)高原直泰(ハンブルガーSV)玉田圭司(名古屋)大黒将志(グルノーブル)巻誠一郎(千葉)

出ました。今日はこのニュースが繰り返し流れるだろうねぇ。話題は久保落選、玉田&巻の代表入りかなぁ。松井は残念。稲本が落ちるかもという噂もあったけどね。あとはだいたい順当かなぁと。記者会見で中澤が変なサングラスかけててゴスペラーズにしか見えなかったよ。^^;早く試合が観たいね~。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
シェフチェンコがチェルシー移籍熱望。
----- アンドリー・シェフチェンコ -----

ACミランFWアンドリー・シェフチェンコ(29)がチェルシー移籍を熱望した。「退団したい。オーナーとは話した。数日中に決断を下す」。シェフチェンコは、チェルシーのアブラモビッチ・オーナーと深い親交があり、過去2度のオファーを受けている。伊前首相のベルルスコーニ・オーナーが国会議事堂で小学生に「彼はミラノから出たがっている。英国に行きたいんだ」と口を滑らせ、12日にすべてが明るみとなった。

 移籍金は3500万ポンド(約74億円)、週給も15万ポンド(約3171万円)と破格の条件が提示されるとみられる。ただシェフチェンコは金銭面が理由ではないと強調。妻のクリステンさんがロンドンでの生活を希望しており「家族が理由。7年も在籍したし、新しいものを見たい気持ちもある」と話した。

シェフチェンコの移籍話がかなりリアルになってきた。バラックも決まり、テベスにもアプローチ。来季は更にコワイねぇ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
引退シアラー有終PK決めた!
----- アラン・シアラー -----

 元イングランド代表のスーパースターで、今季限りでの引退を発表したニューカッスルFWアラン・シアラー(35)が11日、セルティック相手の引退試合に「出場」した。

左ひざ負傷で最終シーズンの終盤を棒に振ったが、2-2で迎えた試合終了間際、相手の配慮で得たPKの場面で登場。無事に決勝ゴールを決め、現役生活にピリオドを打った。最後は愛娘らとピッチ上であいさつし「辺りを歩いてみると、私の目には涙以外のものがあふれていたよ」とスタジアムを埋めた5万7000人のファンに感謝の意を述べた。

なんとシアラーは試合に「出場」!!さすがです。シアラーの生き様はカッコイイ。なかなかできるものではありません。もっと観ていたいけどね。本当にお疲れ様でした。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
リバプールが7度目V PK戦でウェストハム下す。
----- FAカップ決勝 -----

サッカーの第125回イングランド協会(FA)カップ決勝は13日、英カーディフで行われ、プレミアリーグ今季3位のリバプールがPK戦の末に同9位のウェストハムを破り、5シーズンぶり7度目の優勝を飾った。3-3で突入した延長で両チームとも得点できず、リバプールがPK戦を3-1で制した。

 リバプールは0-2の劣勢から前半32分にシセ、後半9分にジェラードが得点して同点。後半19分に再びリードを許したが、土壇場でジェラードが鮮やかなロングシュートを決めて追い付いた。PK戦ではGKレイナが4本中3本を止めた。

ウェストハムは大健闘した模様。レイナ止めすぎ。試合早く観たいなぁ。これでリバプールも1冠。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
アラン・スミス、復帰は9月。
----- アラン・スミス -----

2月に左脚を骨折したマンチェスター・ユナイテッドのアラン・スミスは、9月初旬に再びピッチの上に立つこととなりそうだ。だが、アレックス・ファーガソン監督は、彼が8月末からプレー可能な状態となることを希望している。

 スミスの負傷は、FAカップのリバプール戦(マンチェスター・Uが敗れた)で受けたもの。

敗れたは余計だよね。(--; 復帰を心待ちにしておりますよ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ボルトン、オコチャら2選手放出、中田は減額オファー。
----- ボルトン -----

 日本代表MF中田英寿の所属するボルトン(イングランド)が、今季で契約の終了するナイジェリア代表MFジェイ・ジェイ・オコチャ(32)、フランス人DFブルーノ・ヌゴッティ(34)の2選手と来季の契約を結ばないことが分かった。

 ボルトンの公式HPによれば、7日のプレミアリーグ今季最終戦終了後にアラーダイス監督が明らかにしたもの。近年のチームの躍進にオコチャとヌゴッティが大きな役割を果たしたと、功績を称えながらも、「チーム全体の平均年齢を下げる方針を取ることとなった。彼らに新契約を提示しないというのは苦しい決断だった」と胸のうちを語ったとのこと。
オコチャはまだまだやれそうだけどね。ゲームメイクもしてたしさ。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- 中田英寿 -----

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、ボルトンは9日、クラブの公式サイトで、今季期限付きで加入した日本代表MF中田英寿(29)について、完全移籍での獲得を目指す意向を明らかにした。

 中田英の移籍期間は今季終了まで。所属は移籍元のフィオレンティナ(イタリア)に戻るが、ボルトンは来季に向けて完全移籍での再加入を希望するとしている。

 アラーダイス監督は「中田を正式移籍でチームに呼び戻したい。だが、話し合いがまとまるまでには長い時間がかかる」と語り、移籍実現には移籍金などの条件面で交渉の余地があることを示唆した。

 中田英は今季、初めてプレーしたプレミアリーグ戦で21試合に出場し、1得点2アシストの成績だった。

ヒデは毎回移籍金がネックに。サッカー以外の価値が高いよね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ディディエ・ドログバ -----

 フランスリーグ5連覇を達成したリヨンは、来シーズンの補強としてチェルシーのFWディディエ・ドログバの獲得を望んでいるようだ。ジャン・ミシェル・オーラス会長率いるリヨンは、今度こそ欧州の舞台で何かを勝ち取りたいと考えており、経験豊富な選手を多く補強することを検討している。

やはりチェルシーにシェフチェンコは来るのか?来ないか…。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ブライアン・ロブソン -----

サッカーのイングランド・プレミアリーグで、来季2部降格が決まったMF稲本潤一が所属するウェストブロミッジのピース会長は9日、同クラブの公式サイトで、ブライアン・ロブソン監督の留任を明らかにした。既に同監督も続投希望を表明している。

 また同会長は、1シーズンでのプレミアリーグ復帰を目指す来季に向け、現有戦力を保持する意向も示し、「今の選手に、何人かを補強で加え、よりチームを進歩させたい」と話した。

今季はミラクルもなく降格してしまったWBA。稲本の去就も気になるところ。トップリーグでやってほしいなぁ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)

リバプールGKレイナがゴールデングローブ賞。
----- ペペ・レイナ -----

イングランド・プレミアリーグは現地時間10日、今季のゴールデングローブ賞にリヴァプール所属のスペイン代表GKペペ・レイナが輝いたことを発表した。

 レイナは今季20試合でゴールを許さず、昨季同賞に輝いたチェルシーのチェコ代表GKペトル・ツェフ(17試合完封)やマンチェスターUのオランダ代表 GKエドウィン・ファン・デルサール(18試合)を抑えての受賞となった。そのほか、ブラックバーン所属のアメリカ代表GKブラッド・フリーデル、アーセナルのドイツ代表GKイェンス・レーマンがともに16試合完封でベスト5に入っている。

これは記録で競うので分かりやすい。20試合かぁ。カラガーの安定した守備もあるけどすごいことです。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ウェイン・ブリッジ -----

 イングランド代表でチェルシーに所属するDFウェイン・ブリッジが、日曜夜にナイトクラブで暴行を受けて顔を負傷した。ブリッジはロンドン西部メイフェアーのエンバシー・クラブで、チームメートとともにシーズン終了を祝っていたところを襲われたもの。

 この騒動で3人の男が逮捕され、このうちの2人は人種差別的な罵声(ばせい)を浴びせた疑いがかけられている。

クラブって暴行を受ける場所ベスト3の一つだよなぁ。(当社調べ)

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
マンUがF・トーレス獲得に意欲、他。
----- F・トーレス -----

イングランドの『ザ・サン』紙は、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)がアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWフェルナンド・トーレス(22)に莫大なオファーを提示したと報じている。同紙によると、マンUは2100万ユーロ(約29億7000万円)とファン・ニステルローイを上回るオファーを持ちかけたようだ。

 トーレスは以前からプレミアリーグでプレーしたいという意向を明らかにしており、多くのクラブが関心を寄せていた。とりあえずはオファーの内容の真偽を確かめる必要がありそうだ。

金額は怪しいが欲しいのは事実。まぁ、W杯が終わると活躍した選手に目がいきがち。早めに手を打つか、掘り出し物を探すか。いや、迷わず両方だわな。^^;


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ティム・ハワード -----

マンチェスターU(イングランド)は現地時間9日、アメリカ代表GKティム・ハワード(27)がエヴァートン(イングランド)に期限付き移籍することに合意したことを発表した。

 ハワードはマンチェスターUの公式HPで「トップチームの試合に出たいし、新しいチャレンジをしたいんだ」とコメント。

2003年に加入したアメリカ代表 GKは、移籍1年目はレギュラーとして出場したものの、安定感を欠くプレーから2年目以降は出場機会が減り、昨季にファン・デルサールが加入してからはリーグ戦わずか1試合の出場と出番を失っていた。

となるとセカンドキーパーも補強?サルさんがいると出番ないよねぇ。ちなみにエインセは代表入り。よかったねぇ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ロイ・キーン、記念試合でマンUサポーターに最後の雄姿。
----- ロイ・キーン -----

現地時間9日、元アイルランド代表MFロイ・キーンの功績を讃える記念試合が行なわれ、キーンはかつて所属していたマンチェスターU(イングランド)と現在所属するセルティック(スコットランド)のユニフォームを着て、45分間ずつプレーした。試合は1対0でマンチェスターUが勝利を収めている。


 黄金期を支えた闘将の姿を一目見ようと、オールド・トラフォードには7万人近くの大観衆が集まった。試合前、5人の子供たちとともにグラウンドに現れたキーンは前半、セルティックのユニフォームを着て古巣とのゲームを楽しんだ。

そして後半からは慣れ親しんだレッドデビルズの背番号16を身にまとい、55分にはC・ロナウドのこの日唯一生まれたゴールをアシスト。最後の雄姿を目に焼き付けようと駆け付けたサポーターを喜ばせた。


 ロイター通信によれば、キーンは試合後の挨拶で「この日のことは一生忘れない」と語り、サポーターに最後の別れを告げたという。

また、シーズン中、持病であるでん部の故障により引退を表明していたが、来季以降に関しては長年付き合いのある外科医と相談の上決めるとのことで、「プレーすることになれば、それは100%の力で戦えるということだ。オール・オア・ナッシングだ」と全力を出せない状態ならユニフォームを脱ぐ決意に変わりはないことを明らかにした。

後半はユナイテッドの背番号16を背負ってプレー。たまらん。保存版ですよ。どこかで放送してくれー!!!そしてキーンありがとう。

ちなみにニステルはその試合に出れず。

現地時間9日、マンチェスターU(イングランド)所属のオランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイが同日行なわれたロイ・キーンの記念試合に出場できなかったことに対し、その苦しい胸の内を明かした。ロイター通信が報じた。

 ファン・ニステルローイは現在、オランダ代表のトレーニングキャンプに参加しているため、記念試合に欠場。「トレーニングキャンプのせいで出られなかった。それがつらいよ。自分もロイに敬意を表したかった。それが許されなかったのが、一番悲しい」と『スカイスポーツ』に語り、肩を落としていた。

ニステル、つらすぎる。でもキーンも分かってくれるはず。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ルーニーら23人を発表 イングランドW杯代表。
----- イングランド代表 -----

イングランド・サッカー協会(FA)は8日、今夏のワールドカップ(W杯)ドイツ大会に臨む主将のベッカム(レアル・マドリード)らイングランド代表23人と補欠5人を発表した。右足甲骨折から回復が間に合うか微妙なFWルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)も代表入りした。

 FWはオーウェン(ニューカッスル)クラウチ(リバプール)17歳のウォルコット(アーセナル)の4人が代表入りした。
 イングランド代表は次の通り。

 GK ジェームズ、グリーン、ロビンソン

▽DF テリー、ブリッジ、カラガー、ファーディナンド、G・ネビル、A・コール、キャンベル

▽MF J・コール、ランパード、ジェラード、ベッカム、カリック、ジェナス、レノン、ハーグリーブズ、ダウニング

▽FW クラウチ、ルーニー、オーウェン、ウォルコット

 補欠 GK カーソン▽DF ヤング▽MF レオコーカー▽FW デフォー、ジョンソン

ルーニーは入ったねぇ。回復まではオーウェン&クラウチかぁ。2トップそのものをチェンジ?は考えにくいか。MF&DFは豪華すぎ。ベッカムのピンポイントパスをクラウチが落としてオーウェン!な感じを期待。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
マンU、ファン・ニステルローイ+30億円でF・トーレス獲りへ。
----- F・トーレス -----

イングランド・プレミアリーグのマンチェスターUが、スペイン代表でアトレティコ・マドリー所属のFWフェルナンド・トーレス(22)の獲得に乗り出す構えだ。

英紙‘The Sun’によると、マンチェスターUは今シーズン途中から絶対的レギュラーの存在ではなくなったオランダ人FWファン・ニステルローイ(29)の放出を画策。その代役としてアトレティコのF・トーレスに目を付けたというわけだ。

また同紙は、マンUがファン・ニステルローイの移籍金を1750万ユーロ(約25億円)と設定し、同じく3850万ユーロ(約55億円)とされるF・トーレスを獲得するため、ファン・ニステルローイ+2100万ユーロ(約30億円)の条件をひっさげアトレティコとの交渉の席に臨むと伝えている。

今季アトレティコは、リーガエスパニョーラで残り1節を残して10位に位置し、来季のUEFA杯自動出場の可能性はなくなった。これまでアトレティコ一筋で育ったF・トーレスだが、以前から欧州舞台での活躍を望んでいるだけに、ついに今夏移籍に踏み切ることも考えられる。

一気に若返りを計るユナイテッド。ニステルについてはもうひとつ。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ファン・ニステルローイ -----

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表FWファンニステルロイが 7日の今季最終戦、ホームでのチャールトン戦前に帰宅し、何らかの処分を科される可能性が出てきた。マンUによると、同選手は先発メンバーから外れたことを知り、開始3時間前に試合会場を離れたという。

心境を考えるとねぇ。でもプロ選手の振舞いでタノミマス。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ベンゲル監督、イングランド代表監督のオファーを断っていた。
----- アーセン・ベンゲル -----

イングランド協会(FA)は、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督がエリクソン監督の後任としてイングランド代表監督のオファーを断ったことを明らかにした。

 FAの理事は、代表監督を探し始めて間もない頃にベンゲル監督と話し合ったようだ。しかし監督はクラブで指揮をとることに魅力を感じてオファーを辞退したという。

「彼との話し合いは非常に有効だった。しかし2時間ほど話し合ったところで、彼が代表監督に全く興味を持っていないことがはっきりと分かった」とFAは発表している。

その上で「彼は我々に助言してくれた。これから監督を選ぶ上での必要事項など、我々のために貴重な時間を割いてくれたことに感謝している」とコメントした。

ベンゲルはアーセナル続投がいいんじゃない?

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
リバプールとマンU、ミケル・アルテタに興味。+マンUニュース。
----- ミケル・アルテタ -----

リバプールのシャビ・アロンソ、ルイス・ガルシア、モリエンテスだけがリバプールの町で輝いているスペイン人選手ではない。同じ町のライバル、エバートンのMFミケル・アルテタが第38節のプレミアリーグ最優秀選手に選ばれた。

そのアルテタに移籍のうわさがたっている。リバプールが1200万ユーロ(約16億8000万円)でオファーを出した後、エバートンは移籍交渉で一歩も譲らない。エバートン・サポーターは戦争のような状態に突入しており、うわさ通りの移籍をした場合は‘裏切り者’のレッテルを貼るだろう。

アルテタにはマンチェスター・ユナイテッドも興味を示している。アレックス・ファーガソン監督はアルテタのプレースタイルを好み、ロイ・キーン(現セルティック)の後継者にしようとしている。マスチェラーノ(コリンチャンス)、ディアラ(リヨン)も、ファーガソン監督の獲得候補にあがっている。
マージーサイドレッドに行くと大変なことに。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ファン・ニステルローイ -----

マンチェスター・ユナイテッドのFWルート・ファン・ニステルローイがプレミアリーグ最終節のチャールトン戦をボイコットした。そもそも、ファン・ニステルローイはカーリング・カップの決勝戦で先発を外れてからエースストライカーとしての立場が微妙になっており、この日もスタメン出場が疑問視されていた。

 さらに、1日のミドルスブラ戦でPKを外したファン・ニステルローイに対し、アレックス・ファーガソン監督は批判的な態度をみせていたという。

 そして、実際チャールトン戦に先発したのは、ルイス・サハとイタリア人若手FWジュゼッペ・ロッシだった。

 マンUは次のように声明を発表している。

「ファン・ニステルローイは家に帰ってしまった。これ以上、彼についてコメントすることはできない。我々は今日の試合に集中しなければならない」
退団は決定的に。はにゅー。もうどうにもならんもんなのか。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- ウェイン・ルーニー -----

右足中足骨を骨折したイングランド代表FWウェイン・ルーニー(20)が「巨大洗濯機」に入り回復を目指す。酸素テントを導入したが、それが4トントラックで運ぶほど大掛かりなものだった。

値段も1台5万5000ポンド(約1160万円)と高額で、所属のマンチェスターUは1日180ポンド(約3万8000円)でレンタルしている。ルーニーは1回40分の治療を1日2回行っているが、治療の間には6時間の休憩が必要だという。

アスリートって回復力が早いんだよね。期待。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
マンU獲得候補にキャリックとガットゥーゾ。
----- ガットゥーゾ&キャリック -----

マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が来シーズンに向けた強化に本腰を入れはじめたようだ。英国紙『ザ・サン』が伝えたところによると、ファーガソンは、トッテナムのMFマイケル・キャリックの獲得に興味を示しており、近く1000万ポンド(約20億円)のオファーを出す準備を整えているという。

さらにファーガソンは、ACミランのMFジェンナーロ・ガットゥーゾの獲得にも積極的だ。シーズンを通して中盤のメンバー構成で苦しんだファーガソンは、献身的な働きができるガットゥーゾに注目しており、昨年末に退団したロイ・キーン(現セルチック)の後継者としての獲得を考えているようだ。

中盤の選手は故障続きでギグスやスミスをコンバートするという苦肉の策に出るなどで苦労しまくったユナイテッド。
リケルメもいいが中盤の底が欲しいよねぇ。ガットゥーゾは前からウワサが耐えないけどさぁどうなるか。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
リバプール、ファウラーと契約延長へ。
----- ロビー・ファウラー -----

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールがFWロビー・ファウラー(31)と来季末まで契約を延長することで合意したことが5日、分かった。来週にも正式サインが行われる。

 ファウラーは1月にマンチェスター・シティーから今季末までの契約で、4シーズンぶりにリバプールに復帰。ここまで15試合で4ゴールを挙げている。 
ファンと選手のモチベーションが上がる選手。大事。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- レドリー・キング -----

トテナム(イングランド)は現地時間2日、チームのキャプテンを務めるイングランド代表DFレドリー・キング(25)と、新たに4年契約を結んだことを発表した。

 トテナムの公式HP上でヨル監督は「多くのクラブが彼を我々のもとから引き抜こうとしているのを知っていたから、新契約を結べて非常にうれしい」と、DF の要の残留決定を喜ぶ。

キングも「このトテナムでサッカーを楽しめている。クラブの未来はとても明るいし、その一端を担いたい」と決意を新たにしていた。
今季好調のトッテナムを引っ張ったキャプテンキング。(海賊みたい…)ルーニーと同じくこちらも骨折だけど復帰間近。代表入りできるかな。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
アーセナルのディアビー、足首骨折でCL決勝欠場。
----- アブ・ディアビー -----

サッカーのイングランド・プレミアシップ、アーセナル所属のフランス人MFアブ・ディアビーが右足首を骨折したため、今月17日にパリで行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝を欠場することになった。
これはキツイ。とはいえ、レジェスの調子もよく、CL決勝1回きりってのがもったいないと思ったり。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ルーニーW杯絶望、右足複雑骨折全治3か月…。
----- ウェイン・ルーニー -----

イングランド代表大ピンチ! FWウェイン・ルーニー(20)=マンチェスターU=のドイツW杯(6月9日~7月9日)出場が3日、絶望となった。3日付の英大衆紙「ザ・サン」によると、4月29日に右足第4中足骨を骨折したルーニーは2日夜、CTスキャンで患部を検査。その結果、複雑骨折であることが判明し、全治6週間という当初の予想を上回る重傷だったことが明らかとなった。

メンバーには入るみたいね。復帰しても本調子になるのに時間がかかるしどうしたものか。期待しすぎ?^^;

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
ベンゲル、イングランド代表率いる!?
----- アルセーヌ・ベンゲル -----

イングランドプレミアリーグ・アーセナルのベンゲル監督が4月30日付の英紙ニューズ・オブ・ザ・ワールドで、08年からのイングランド代表監督就任に対する意欲を明かした。

「もし、あした自由の身で、イングランドからオファーがあれば喜んで引き受ける。アーセナルとの契約がある今は、どんなに口説いても無駄だが、将来なら考える」と明かした。

日本代表の次期監督候補にも挙がる同氏だが、これでその可能性はなくなった?

日本代表もお願いしたい。でもイングランド代表ってのも面白い。妄想の日々は続く…。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


----- アラン・カービシュリー -----

イングランドプレミアリーグ・チャールトンのアラン・カービシュリー監督(49)が、15季務めてきた同クラブ監督を今季限りで退任する意向であることが4月29日(日本時間同30日)、分かった。

同氏は現ポルトガル代表監督のスコラーリ氏が辞退した次期イングランド代表監督候補だけにさまざまな憶測を呼んでいる。

今季開幕からプレミアを盛り上げたチャールトン。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)


copyright © 2005 サッカーだらだら観戦日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。