サッカーだらだら観戦日記。
ユナイテッド、5冠に向けて猛進中!!!(ゝ∀・)/マンU&プレミアリーグ情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンC、アンディ・コールらが故障。
----- マンチェスター・シティ -----

マンチェスターC(イングランド)は現地時間14日(以下現地時間)、元イングランド代表FWアンディー・コールが左ひざ軟骨を損傷し、約1カ月の戦線離脱となったことを発表した。

 コールは12日のチャールトン戦で同箇所を故障。ピアース監督がクラブ公式HPに語ったところによると、コールは手術を受け、4週間から5週間はチームを離れる模様。

 マンチェスターCはまた、中国代表DF孫継海(スン・ジーハイ)と元イングランドMFトレヴァー・シンクレアの故障も発表。孫継海はひざに問題を抱え、シンクレアはほお骨を傷めているという。

主力メンバーの故障でまいっちんぐなシティ。現在9位。UEFAカップ出場権はかなり近いのでがんばってほしいところ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
スポンサーサイト
リバプール、アルゼンチンDFガブリエル・パレッタを獲得。
----- ガブリエル・パレッタ -----

リヴァプール(イングランド)は現地時間14日(以下現地時間)、バンフィエルド(アルゼンチン)所属のU-20アルゼンチン代表DFガブリエル・パレッタがメディカルチェックをパスし、今季終了後にチームに加わると発表した。契約期間は4年で合意に達しているとのこと。

ヒューピアの後任かな?

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
プレミアシップ、リバプールがアーセナルに勝利。
----- プレミアリーグ試合結果 -----

サッカーのイングランド・プレミアシップは14日、リバプール対アーセナル戦を行い、リバプールが本拠地で1―0で勝利した。
 リバプールは前半に主将のジェラードがPKを失敗したが、試合残り3分に途中出場のルイス・ガルシアがゴールを決めた。
 リバプールは勝ち点51の3位で、2位のマンチェスター・ユナイテッドに3差とした。

ようやく試合数が並びました。ユナイテッドとリバプールは接戦です。FAカップ楽しみだ~。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
マンチェスターU、アメリカ代表FWアドゥ獲得を否定。
----- フレディ・アドゥ -----

マンチェスターU(イングランド)は現地時間13日、移籍の噂が飛び交う注目の16歳、アメリカ代表FWフレディ・アドゥに関して獲得の意思はないと発表した。

アドゥの代理人が先日、マンチェスターUやチェルシーが期待の新星に対して興味を示しているとコメントしたことで移籍騒動が起きたが、マンチェスターUはこれを否定。ファーガソン監督はMUTVに対し「我々はアドゥをひとりの若手選手として捉えており、現時点では興味を持っていない」と獲得の意思のないことを表明した。

侮れないアメリカ。今後イングランドにもさらにアメリカ色が強まりそうだ。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
レジェス、怪我は軽症。
----- ホセ・アントニオ・レジェス -----

アーセナル(イングランド)は現地時間13日(以下現地時間)、骨折も心配されていたスペイン代表FWホセ・アントニオ・レイェスが軽傷だったことを発表した。

レイェスは11日のボルトン戦で相手選手のタックルを受けて負傷退場し、当初は足首骨折も懸念されていたが、MRI検査の結果、重度の打撲ではあったものの骨に異常はなかったことが判明。14日のリヴァプール戦は欠場するが、21日のチャンピオンズリーグ・レアル・マドリー戦には間に合う可能性がある。

レジェスがいないと攻撃の幅が減るしアンリも生きない。CLに間に合うとうれしいところ。コンディションやいかに!?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

----- ダンカン・ファーガソン -----

FA(イングランドサッカー協会)は現地時間10日(以下現地時間)、エヴァートンに所属する元スコットランド代表FWダンカン・ファーガソンに対し、すでに科していた3試合に加え、4試合の出場停止処分を追加すると発表した。

エヴァートンによると、ファーガソンは1月31日に行なわれたウィガン戦で、相手選手を殴って退場となり、3試合の出場停止処分を受けていたが、試合中に別の選手に対しても暴行を働いていたとして、さらに4試合の出場停止措置が下されたという。また、ファーガソンにはこのほか5000ポンド(約103万円)の罰金も科されている。

エバートンの切り札、ファーガソン。いいもの持ってるんだけどね。もったいない。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

----- エリック・ジェンバ・ジェンバ -----

 アストンヴィラ(イングランド)に所属するカメルーン代表MFエリック・ジェンバ・ジェンバが、エジプトで行なわれたアフリカ・ネーションズカップのあと、イングランドに戻っていないことが明らかになった。アフリカ・ネーションズカップは現地時間10日(以下現地時間)に全日程を終了。しかし、カメルーンは4日の準々決勝で敗れ、この時点で大会から姿を消している。

デイヴィッド・オリアリー監督は9日に、クラブの公式HPで「エリックが戻って来ない。我々は現在、彼のエージェントとコンタクトを取ろうとしている」と、同選手の居場所が確認できないことを明らかにした。

少し前のキャンベルみたいだ。どうしたんだろうか、と10秒ほど考えてみる。(^^ゞ

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
チェルシー、エトー獲得を狙う。
----- サミュエル・エトー -----

ロマン・アブラモビッチはジョゼ・モリーニョにまた新たな選手をプレゼントしたいと考えている。サミュエル・エトーだ。

バルセロナで活躍しながらもクラブとの関係が悪化しているカメルーン人FWエトーの獲得に向け、アブラモビッチは4500万ユーロ(約63億円)の支払いを準備している。『ザ・ガーディアン』紙が明らかにした。

バルセロナはオファーを受け入れる意思があるようで、これで手に入れた資金をティエリ・アンリの獲得に回すつもりのようだ。チェルシーはもともとエトーとディディエ・ドログバとのトレードを要求していたが、バルセロナのフランク・ライカールト監督はドログバに興味を示さなかった。

アンリの移籍話、さらに真実味が出てきた。バルサはエトーじゃだめなのか?たしかに不適切な発言は多いけどさ。アンリってバルサが似合う気がするよなぁ。脂の乗り切った今ならちょうどいいのかも。ガナーズファンにとってはなんともつらい話だけど・・・。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

----- ギャヴィン・ガニング -----

現地時間13日、ブラックバーンが同じイングランドのチェルシーも獲得に興味を示していた、15歳のアイルランド人DFギャヴィン・ガニングを獲得したことが分かった。ロイター通信が報じている。

 U-15アイルランド代表に名を連ねるガニングは、元イングランド代表DFトニー・アダムスとも比較されるなど、将来を嘱望されている。
15歳、わかっ。平成3年生まれですよ。イングランドじゃ平成とか思わないけどさ。倍生きている人間としてはショッキンっ。^^;

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

----- ダリオ・シルバ -----

ポーツマス(イングランド)は現地時間13日(以下現地時間)、ウルグアイ代表FWダリオ・シルバ(33)との契約を双方合意の上で解除したことを発表した。

ダリオ・シルバは今季からポーツマスに在籍しているが、最近では足首の故障に泣かされ、1月7日のFAカップ・イプスウィッチ戦を最後に出場機会はなかった。ポーツマスでは通算15試合に出場し、3得点を記録していた。

放出組の一人。怪我はつらい。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
copyright © 2005 サッカーだらだら観戦日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。