サッカーだらだら観戦日記。
ユナイテッド、5冠に向けて猛進中!!!(ゝ∀・)/マンU&プレミアリーグ情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェラード、一生リバプール宣言。
----- スティーブン・ジェラード -----

現地時間8日、リヴァプール(イングランド)に所属するイングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが、現役引退後も同クラブの一員として携わっていきたいとの意向を表明した。

 今夏、移籍問題に大きく揺れた末に、リヴァプール残留を決断したジェラード。クラブの公式HP上で、今後のキャリアについて触れ、「僕は8歳のときからここにいる。引退してからも、フロントか現場かは分からないけど、このクラブにいたいと思っている」と述べた。

また、「もちろん、僕はまだ25歳だし、引退はまだ先のこと。でも、将来のことは常に考えているし、リヴァプールとともに歩んでいきたい」と、改めてクラブへの深い愛着を示した。

ファンにはたまらない言葉ですねぇ。ジェラードリバプールがよく似合う。とかいってチェルシーに移籍したらひっくり返るけど。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
スポンサーサイト
ファーディナンド開き直り!?
----- リオ・ファーディナンド -----

所属するマンチェスター・ユナイテッドの調子が上がらず、自身のパフォーマンスにも批判が集中していたリオ・ファーディナンド。だがイングランド代表の屋台骨を支えてきた力量はダテではなく、チェルシー戦の勝利に大貢献した。
 
 超ご機嫌のリオは「批判されるのは好きだ。これからも続けてくれ」と豪語。「サッカー選手をやっていれば、喝采を浴びることもあるし、批判を受けることもある。どんな名プレーヤーだって難しい時期を乗り越えてきているものだ」と言葉を続けた。

チェルシー戦は活躍したが、まだまだ軽いプレーが見られるリオリオだから要求されるレベルがある。さらなる安定感を出してほしいとこです。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
マンU、デポルティボのドゥシェルを狙う。
----- ドゥシェル -----

デポルティボに所属するアルゼンチン代表MFドゥシェルの価値が急騰(きゅうとう)している。

そんなドゥシェルに注目したのが、かつて所属選手のベッカムを傷つけられた因縁のあるマンチェスター・ユナイテッドだ。成長したドゥシェルの価値は、そんな因縁を度外視させており、マンチェスターは彼を獲得するために800万ユーロ(約11億528万円)を用意していると言われている。

だが、デポルティボのレンドイロ会長はドゥシェルを1200万ユーロ(約16億5792万円)よりも安値で売ることは望んでおらず、マンチェスターと、新たに獲得に乗り出してきたニューカッスルを含んで交渉が続けられている。

ベッカムを骨折させたのが一番印象に残っているってのがカワイそうな気もするが…。まぁそれだけラフプレーも多かった。だが最近は生まれ変わったとのこと。本当かなぁ。
今は粘り強いディフェンスとボールを奪ってからの効果的なパスがウリ。ユナイテッドには欲しい人材。バラックは怪しいし…。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
アベルシャビエル、薬物使用検査は陽性。
----- アベルシャビエル -----

サッカーのイングランド・プレミアリーグで、ドーピング(禁止薬物使用)が発覚していたミドルズブラの元ポルトガル代表DFアベルシャビエルが、Aサンプルに続き、Bサンプルの検査でも陽性反応を示したことが8日、分かった。

欧州サッカー連盟(UEFA)は17日に公聴会を開き、1年間の出場停止処分を科す見込み。同選手は無実を主張している。

陽性だから間違いないんだろうけど。プレミアは最近乱れ気味です。

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
copyright © 2005 サッカーだらだら観戦日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。