サッカーだらだら観戦日記。
ユナイテッド、5冠に向けて猛進中!!!(ゝ∀・)/マンU&プレミアリーグ情報満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イングランド、W杯Vボーナス6000万円。
----- イングランド代表 -----

代表のW杯出場決定から一夜明けた9日、イングランドは早くもW杯モードに入っている。サン紙は、優勝ボーナスとして、選手1人当たり約6000万円が支払われる見込みだと報じた。これは前回開催国だった日本の3000万円、今回のドイツの約4200万円を大きく上回る。しかもイングランド代表メンバーには普段から、出場機会に比例し、最大で年間4000万円の出場給も支払われている。MFベッカム、ランパードらなら、あわせて1億円。破格の「ニンジン」作戦で、66年以来となる悲願の優勝を狙う。
士気を上げるにはやっぱ金か。まぁあって困らないしね。
優勝すると経済効果もすごい。母国は力の入れようが違うね。


サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
スポンサーサイト
マンU、バラックとゾコラを狙う。
----- ミヒャエル・バラック,ディディエ・ゾコラ -----

マンチェスター・ユナイテッドがここ数週間、中盤の強化に向けて活発に動き回っているようだ。『タイムズ』誌が報じたところによると、彼らが狙っているのはドイツ代表でバイエルン・ミュンヘンに所属するミヒャエル・バラックと、サンテティエンヌに所属するディディエ・ゾコラの2人。

 ゾコラは昨夏の移籍市場期間でもあちこちから声がかかっていたが、その評判はまだ衰えていない模様だ。マンU側としては冬の移籍市場で手に入れたいと考えているとか。
かなり推測的書き方。バラックは夏の移籍市場で狙っていたが結局来なかった。自国ワールドカップの兼ね合いとかとも言われているけどね。

バラックに関しては、
イングランドのマスコミは、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFミヒャエル・バラックが、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(以下、マンU)移籍に前向きな姿勢を示していると報道した。なかでも『ザ・タイムズ』紙は、オファーを出したマンUがバラック獲得に自信を持っていると伝えている。

 バラックとバイエルンの契約は2006年6月末で終了するが、契約延長の話し合いはいまだ進んでいない。ドイツ国内の複数の新聞は、今月末までに結論が出るだろうとの憶測をめぐらせている。
とのこと。
来てほしいなぁ。バラックなら移籍した後でも、クラブチーム・代表ともにスタメン落ちの心配はないと思うけど。っていうか来てくれ!(懇願)

サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
A・コールは2カ月の離脱。
----- アシュリー・コール -----

サッカーのイングランド・プレミアシップの強豪アーセナルのベンゲル監督は13日、イングランド代表DFアシュリー・コールが右足疲労骨折のため、最長で8週間試合を欠場する見通しと発表した。
 同箇所の手術を行ったコールは、11月末まで復帰できないもよう。
なかなか治らないコールの怪我。アーセナルにとってはかなり痛手。代表はリチャードソンにがんばってもらおう。


サッカー情報はこちらからどうぞ!(人気blogランキング)
copyright © 2005 サッカーだらだら観戦日記。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。